中国の会社が「空飛ぶ円盤」の試作品の開発に成功した!が、でも駆動はプロペラ?

中国の会社が「空飛ぶ円盤」の試作品の開発に成功したと、国営新華社通信(Xinhua)が17日伝えた。





 この試作品は直径1.2メートルの円盤型で、垂直方向での離着陸のほか、高度1000メートルでの空中静止もできる。無人での遠隔操作も可能で、一定の経路を自力で飛べるという。プロペラ駆動式 で、最高時速は80キロ。

 開発したのは哈爾濱(ハルビン)盛世特種飛行器有限公司(Harbin Smart Special Aerocraft Co Ltd)で、開発には12年、2800万元(約4億4000万円)を要した。航空写真の撮影、地質測量、突発事件時の照明などに用いることができる。



ポイント換金や、アンケートの謝礼受取りで稼ごう!

送料無料のスイーツも多数取り揃えの楽天お菓子・デザート市場

お洒落レディ必見のファッションアイテムが大集合

くちこみカフェ「麗子さんのお買い物日記」

集めて楽しい!キャラクター大図鑑「スヌーピー特集」

魅惑のラグジュアリーインテリア

こだわりの1本を!スタイルアップのジーンズ満載!


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。